ABOUT

★ディーバ・ストアのご紹介★ 「スタジオ☆ディーバ」は、1994年の創業。 日本では初めて、プロのヘアメイクが正社員として常駐する撮影スタジオでした。以来、コマーシャルやタレントの撮影の傍ら、コスメメーカーとコラボしての化粧品の開発、アナウンサーの方々と協力しハイビジョン導入時のコスメモニター、癌患者のケアカンパニーとの共同でメディカル・ヘアメイク技術を開発、国際文化交流では、各国の在外日本大使館と協力しての日本文化紹介のワークショップ等、ユニークでプログレッシブな活動を続けて来ました。 近年ではこれらの技術のノウハウを生かし、一般の方々、特に就職活動でのES写真、ビジネスでのプロフィール、系列スタジオでの美的「お見合い写真」など、業界では“知る人ぞ知る”の特別な存在となっています。 その「スタジオ☆ディーバ」が開発した商品を販売するお店が「ディーバ・ストア」です。長年にわたる経験、研鑽、洗練。いずれも貴方にとって非常に価値の有る商品だと自負しています。どうぞお立ち寄り下さい。 スタジオ☆ディーバ  http://www.studio-diva.net/ ★ディーバオリジナルメイクブラシ★ キレイな化粧品を見ると、それだけで綺麗になれる気がしませんか。コスメは私達に夢を与えてくれますね。でも実際に使いこなさなければやっぱり夢。使いこなすにはテクニックと上等な道具が不可欠です。 ブラシを変えるだけで、見違えるほどメイクは上手くなります。 上達すればするほど想像以上の自分を発見し、演出することができるのです。 貴方を引き立て、本当に綺麗に見せるのはナチュラルメイク。ナチュラルメイクには顔の中にある色しか使いません。そして肌に溶け込むように、絶妙な自然さでグラデーションをつけるのです。 ”ぼかし”が上手にできれば「メイクはプロ」といわれますが、ナチュラルメイクはそのぼかし方が最も重要。実は一番難しいメイクだったのです。 そして絵やお習字と同様に、メイクもブラシの毛質と形が仕上がりを決めてしまいます。残念ながら、化粧品にセットされた小さなブラシでは、色の濃淡をつけたり、まぶた全体に均一に色をのせるのは、ちょっと無理。毛質の悪いブラシを使うとチークやアイシャドウがムラについたり、厚付になったりしますし、硬い毛質のブラシは肌を刺激しすぎて肌荒れの原因にもなるのです。 メイクブラシのワードローブを充実させると、それだけでテクニックは確実に数段上がります。 実はディーバで行っているメイクレッスンに参加される方々の化粧ポーチを拝見して気がついたのです。 メイクレッスンにはご自身の化粧品と用具をご持参いただいてレッスンするのですが、ブランドコスメはたくさんお持ちの方もメイクブラシに関しては無頓着。メイクブラシを変えるだけで3倍はメイクが上手くなるのに・・・そう思ったのがブラシ開発のきっかけでした。天然毛のメイクブラシは高価ですが使用いただければその違いがわかるはずです。 スタジオ☆ディーバのメイクアップアーティストが3年かけてようやく納得できるメイクブラシを作りました。満を持して皆様にできるだけリーズナブルにご提供いたします。